忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

脅威


アスキークラウドの記事にグーグルとマイクロソフト関連の記事が。先ほどマイクロソフトのBingのシェアが増えてきている記事を書きましたので、なんてタイムリーなの?!♪とさっそく読んでみました。その記事のタイトルは、「米マイクロソフトのBingはグーグルの脅威となるか」。なぜこのような記事が出たかというと、マイクロソフトが開発者向けに行ったイベントで、新しいBingプラットフォームサービスを発表したからのようです。マイクロソフトとグーグルの収入減が違うということも関係があるようです。グーグルの収入減は老若男女ご存知の広告収入。
かたやマイクロソフトの収入源は、OS、サーバー、クラウドなど各種サービスなどでの収入。カギは、BingのAPI解放のようです。Bingは他にも、インテリジェンス機能、サードパーティ向けにプラットフォームを公開したそうです。これは珍しいことなのだそうです。これにより、グーグルとマイクロソフト
の立場は逆転するのでは?と言われているようです。Bingをベースにしたアプリの開発が可能にもなるので、それにより、Bingのシェア拡大が期待されるとのこと。なるほど、逆転してくださいっ!!!うちのメインブログと実験サイトのためにもお願いっ!!!(笑)。←自己中(笑)。APIとは、プラグインやアドオンのようなものです。へぇーっっっ、こりゃすごいじゃないの実現出来たら^^。専門家の方のお話によると、検索エンジンでの検索が、具体的な行動につながる可能性があると指摘しているとのこと。
例も載っていました 。新しいヘアサロンを探す場合、従来であれば検索エンジンは、その結果を表示するだけでした。ですが、検索ユーザーのスケジュールをもとに、ヘアサロンの予約日時の提案までしてくれるとのこと。凄いですねぇ・・・、うちは親切すぎて魅力は感じませんでしたが(笑)。それに、スケジュールをBingにチェックされていしまうってことですよね?ようは・・・。

内部対策が不出来なら其の時点で負け「確定」。被リンク競走以前の問題
「不動の1位表示」「不動の上位表示」を達成する方法やり方・SEO対策流れ
「検索ユーザーの役に立つか?」で重複コンテンツのGoogle評価は変わる
被リンクが認識されるとGoogleでは時間挟んで順位に反映、Bingは直ぐ
競合サイトと比較して検索経由のアクセス流入少ない理由原因と解決法
順位上げ目的被リンクは全てペナルティリスク有。Risk管理と出口戦略
被リンク対策は被リンクSEO技術と外部対策経験値・経験量がものを言う
「検索順位が中々上がらない=激しい競争が存在している」。被リンク競走
安い低価格SEO対策や激安被リンクサービスではSEO競争に勝てず敗ける
ホストクラブやキャバクラサイトのSEO(コンサル+被リンク対策)も可能
短期間結果が出てそれで終わるのが中小検索エンジン登録代行サービス
競争相手が弱く少ないキーワード早く順位上がる。競合強く多いと遅く
名サイト管理者ほどSEO・SEMの大局判断誤ら無い。大局の正情報把握が命
キーワード広告は会計年度中に回収可能な「費用」、SEOは年度跨ぐ「投資」
被リンク競走で勝ち続けられるようSEOサービス設計。被リンクの質と量
PR