忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まとめ


?!(笑)。まとめサイトのWikipediaがある~!!!。Wikipediaなんでもありだな(笑)。Wikipediaによる跡目サイトの概要は、事件、話題などの情報を収集、編集したウエブサイト。情報量が多く、探すのが大変なため、情報をまとめるウエブサイトの必要性が高まって生まれたそうです。種類も色々あるそうです。へぇ、そうなんだ^^。政治問題、社会問題はもちろん、娯楽的なネタとして楽しめるまとめサイトが存在しているとのこと。まとめWikiなる物もあるようです^^。
色々あるね、「まとめ」。便利だものなぁ、一発で情報が収集できるのですから。うちが最近活用したまとめサイトは、お酒が苦手な人向けのお酒(初心者)(カクテル)というもの。最近一人BARにはまっているので^^。いつもカシスウーロンかカシスオレンジばかりなので、他にもオススメのカクテルがないかなぁ、次は何を飲もうかなぁと探した結果、まとめサイトへたどり着いたのです^^。
まとめサイトにもメリットデメリットはもちろんあります。まとめサイトのメリットとデメリットを紹介しているブログがありました。そのブログに書かれていたメリットは、情報のフィルタリングを行い、読者に見やすい記事を提供。まとめサイトに寄せられたコメントなども引用し提供できるなどだそうです。・・・ようはSEOを施しているサイトであれば、自然なリンクをたくさん獲得できるという事かな・・・?^^。まとめサイト デメリットでも検索をしてみましたが、デメリットはあまりないかもしれません。検索結果にまとめサイトのデメリットに関する内容のタイトルやスニペットが出てきませんでしたから。
まとめサイトにデメリットはないのかもしれませんね、今のところ^^。確かに別にデメリットないですもんね、閲覧者に不都合なこともないですし・・・。むしろメリットばかり名気がします^^。あえてデメリットというのであれば、偽の情報もたまにはあるという事ですかね。

「質の低い被リンク」が数千数万と付けばマイナス評価もそれだけ大きく
「QDF」と「不動の1位表示」ではSEO対策の方向異なる
中小検索エンジンのリンクだけでも被リンクSEO技術次第で上位表示可
SEO情報の大半は観念。「現実」に基づいたSEO対策情報のみ収集価値有り
Googleアルゴリズムの特徴。特徴に沿ったコンテンツと被リンクは効く
対策開始時に「勝てるキーワード」選んだお客様のみ今現在も栄えている
ペナルティ最も多いのは被リンク周り。コンテンツ周りもあるが少ない
文章量の少ないコンテンツがサイト内に多いと順位ダウン。パンダと量
「高度な技術」が本当に必要とされるのは被リンク対策。内部対策に非ず
1URL1キーワードか1URL1意味で対策。SEO原則。検索エンジン目線とは
輸入・内需型企業は余力ある内にSEO対策した方が良い。円安増税の逆風
毎月の被リンク対策効果の最大化に必要な「規模の最適化」という視点
SEOサービスの料金は弊所が指定、逆SEO対策サービスでは御客様が指定
競争激しいキーワードほど上位表示に時間要するが対策すれば上がる
「コンテンツ役立ち度」は「独自性」より大事。Googleの内部SEO対策の勘所
PR